Twitterの問題点とは


「Twitter(ツイッター)」は、140文字以内の「ツイート」(tweet)と称される短文を投稿できる情報サービスです。
その「Twitter」にまつわる問題点についてご紹介します。

・犯罪告白問題
Twitter上において飲酒運転や無免許運転、未成年飲酒、窃盗といった犯罪行為を自ら暴露するツイートが後を絶たず、さらにこうしたツイートを暴露した人物が本名あるいは学校などの個人情報をそのまま載せていたり、もしくは別の場所に載せているか簡単に特定が可能な情報を載せていたりする場合があります。
こうしたツイートを見つけると2ちゃんねらーなどが同一人物と見られるmixiやFacebookなどのページを探し、個人情報を特定した上で就業先の企業や学校、警察に通報および抗議を行うと言う事例が後を絶ちません。
そのため、日本のネット上ではTwitterのことをバカ発見器と揶揄されることもあります。

・ツイート広告サービス問題
ユーザーがとある商品の口コミを装って広告代金がもらえるステルスマーケティングに類似した広告制度があります。
つぶやき一つで中には数千円、毎日3回つぶやけば年収ベースで1000万円にもなるそうです。
つぶやく内容は広告会社と詳しく打ち合わせて決められています。
とあるフォロワー数が23000人いるユーザーはつぶやき1回で5578円もらえるというがユーザーの信頼を失いたくないのでその程度の金額ではやらない、とても怖い感じがしたと述べています。

Twitterの問題点


「Twitter(ツイッター)」は、140文字以内の「ツイート」(tweet)と称される短文を投稿できる情報サービスです。
その人気の「Twitter(ツイッター)」にまつわる問題点についてご紹介します。

・位置情報付きツイート
スマートフォンの急激な利用者増加に伴い、安易に位置情報付きツイートを投稿してしまうユーザーが増加しています。
現在までに位置情報投稿による大きな事件は報告されていないが、利用者に対し注意喚起を求めるソフトウェアが公開されており、大きな社会問題となっています。

・社内文書漏洩問題
2009年7月15日、ツイッター社が「Google Apps」上で管理していた社内文書が、複数のブログ運営者とメディアに送られるという事件が発生しました。
この件ではツイッターのユーザー情報などは漏洩しなかったが、後に漏洩の原因がグーグル・アップスのパスワードが「password」だったため、容易に推測され、盗まれたのだと判ったそうです。

・迷惑ツイート
迷惑メール同様、無差別かつ大量に個々のアカウントDMに広告が送信されることがあります。
「スパム報告する(Report for spam)」機能で通報することで少なからず迷惑ツイートは減っているものの対応が後手に回っていることは事実です。

・デマの拡散
出所の不確かな情報や、エイプリルフールや虚構新聞などのネタを鵜呑みにしたユーザーによって、チェーンメールと同様に誤った情報が拡散するケースがあります。

フォロー関連の専門用語について


Twitterのフォロー関連の専門用語である「フォロー」、「フォロワー」、「アンフォロー」、「ブロック」について簡単にご紹介します。

・フォロー(follow)
他のユーザーの投稿を自分のタイムラインで表示できるように、ユーザーを登録することを言います。
相手が投稿を非公開にしていなければ無許可で自由にできるが、相手の設定によってはフォローされたことが通知されます。
投稿を非公開にしているユーザーをフォローするには相手の承認が必要になります。
そのユーザーからフォローされている場合でも同じです。

・フォロワー(follower)
自分をフォローしている他のユーザーのことを言います。
フォローは必ずしも双方向に行う必要はなく、公式では自動で双方向にフォローされるような機能もありません。

・アンフォロー(unfollow)
特定のユーザーのフォローを解除することを言います。
フォロー前の状態に戻るため、アンフォローしたユーザーの投稿が自分のタイムラインに表示されなくなります。
日本では「リムーブ」とも呼ばれるが、現在の正式な意味とは異なる呼称です。

・ブロック(block)
特定のユーザーのフォローを拒否し、相手に自分の投稿が表示されないようにすることを言います。
ブロックされたユーザーは、ブロックしたユーザー宛のフォローやリプライが出来なくなります。
またブロックされる前にフォローしていた場合、ブロックされた時点でフォローが強制的に解除されます。

Twitterの用語の意味


Twitterを使用していれば1度は聞いたことがある用語についてご紹介します。
1つ目は「ツイート(tweet)」というものです。
ユーザーから投稿される140字以内の文章のことで、それぞれに固有のURLが割り当てられます。
文字数に半角や全角の区別はありません。
以前は日本版公式サイトで「つぶやき」として表記されていましたが、「ツイート」に統一されました。
元々は字数制限は無かったのだが、携帯電話のSMS機能を利用した投稿が多かったため、そのSMS機能の字数制限160字から利用者名分の20文字を引いた字数を上限とする様に仕様が変更されました。
2つ目は「リツイート(retweet)」というものです。
他のユーザーの投稿を再投稿することを言います。
「RT」とも略します。
周知を目的とした公式リツイート(発言元がそのまま表示される)と、ユーザーが「自分のコメント RT@username:引用文」といった書式に編集して投稿する非公式リツイートがあります。
非公式リツイートはユーザーから自然発生した文化であり、多くのクライアントで採用されているが、内容の改ざんといった様々な問題も危惧されるため、のちに登場した公式リツイートはユーザーによる編集が行えない仕様となりました。
公式リツイート機能は、2009年11月に英語版の一部ユーザーを対象に試験的に実装されました。
2010年1月22日より日本語版ツイッターにも追加されています。





gyaoダウンロード
iphone 浮気
VHSからDVD
寺田昌嗣
動画圧縮方法